ダイエット トレーニング

豆ダイエット痩せた?効果やり方種類は口コミレシピ⁉栄養素は?

投稿日:


ヘルシー志向の高い女性の貴重なタンパク源の

大豆

大豆はマメ科の一年草です。
という事は他にも種類があります。

同じマメ科の一年草には、

  • インゲン豆
  • ひよこ豆
  • 小豆

などがありますが、

 

これらもヘルシーなイメージが強いですが、
タンパク質を含め

他の栄養価や効果はどうなんでしょうか?

 

本日は豆を用いたダイエットの
気になる情報を纏めましたので

のんびりとご覧くださいな。

 

大豆

”畑の肉”とも呼ばれ、
タンパク質、脂質、炭水化物が多く含む大豆。

未成熟の物は、枝豆ですね。

  • タンパク質
  • 脂質
  • 炭水化物
  • 食物繊維
  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • ビタミンE
  • ビタミンB1
  • 葉酸

と言った栄養素を含みます。

おからダイエット失敗?食べ過ぎ効果なし!成功に水分⁉注意点は

さらに、

  • レシチン(脂質の代謝)
  • サポニン(脂質沈着予防)
  • イソフラボン(脂肪燃焼)

 

と言った健康、ダイエット効果が
得られるのも長所と言えますね!

 

ひよこ豆

トルコ南東部が起源で、

煮込み料理や、スープ類の具材に
使われます。

癖が少なく、サラダにも使われますが

栄養素は

  • 炭水化物
  • 食物繊維
  • 脂質
  • タンパク質
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB3
  • ビタミンB5
  • ビタミンB6
  • 葉酸
  • リン
  • カルシム
  • マグネシウム
  • 亜鉛

 

大豆と比べビタミンB1の含有量が多く、
炭水化物をエネルギーに変換され

ダイエット効果が見込みます。

亜鉛の摂取源としても有効です。

大豆同様に食物繊維が豊富が含まれ、

余分なコレステロールの吸収されることも
防ぎます。

小豆

小豆の煮汁を飲む”小豆水ダイエット”
と呼ばれるものがあり、

栄養素は、

ひよこ豆と同じような成分を含むので
省略します。

 

ただ注目して頂きたいのは、

  • サポニン
  • カリウム

利尿作用があり、水分に限らず、
脂質や糖質を体外に排出させます。

 

インゲン豆

さやいんげんは、良くコーンと炒めたものが、
弁当の片隅に入っていますが、

煮豆や甘納豆に使われているのが

インゲン豆です。

おおよその栄養素は、他の豆と一致するので
省略しますが

 

注目される成分は、

ファセオリン。

 

デンプンの分解を阻害し、糖質の吸収を抑えます。

 

大豆は、脂質に作用する成分が特徴でしたが
インゲンには、炭水化物にさようする

ダイエット成分があるという事なんです。

 

レンズ豆

ビーガンの方が肉代わりに食べるそうです。

名前の通り、形状がレンズです。

基本的に含まれている栄養素は
他の先ほどまでに豆類と大差はなく、

 

ビーガンの方の肉代わりと言われるようですが、
大豆には及びませんが、

含有量は多い区分に入るます。

 

あと、注目したい成分ですが、
特にありませんでした💦

 

お薦めの摂取方法

豆自体を買ってきて調理となると
難しく手間もかかりますので、

缶詰やパックのものを活用するのは
いかがでしょうか?

 

まずはそれをサラダに使うのは
いかがでしょうか?

野菜類はビタミンB群の含有量は
あまり期待できないので

 

豆類を入れる事でカバーが出来ます。

また、煮物や鍋、スープに
少量加えるだけで、

 

ミネラル類の摂取もできますので、
栄養バランスが取れた、
料理になってくれるでしょう!

 

またこれからの季節は、
冷凍枝豆がお薦めです。

大豆含まれる栄養価の成分量と比べ
枝豆は若干少ないですが、

野菜と同じように、
ビタミンCやβカロチンが含まれる

 

野菜と豆類の融合体のようなもの。

自然解凍でたやすく食べられるので、

枝豆が旬を迎えるまで
冷凍枝豆で乗り切るのが良いでしょう。

 

最後に

まめ類を摂取するにはと硬く
考えてすぎですが、

豆腐や納豆、厚揚げと

大豆を加工した素晴らしい食品が
日本食にはありますので、

毎日どこかに取り入れ、

 

水煮の豆食品は、どこかの料理に少し投入、

枝豆を小腹対策すれば、

 

余分な糖類、脂質は
これ以上摂取しなくても良いでしょう!

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

-ダイエット, トレーニング

執筆者:


  1. […] 【豆ダイエット痩せた? 効果やり方種類は口コミレシピ⁉栄養素は?】 http://namerakapulin.com/3462.html […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

健康ダイエット記事まとめ!代謝アップ・脂肪燃焼・○○ダイエット

過去に書いたダイエット、健康に関する記事を 種類分けと、簡単な説明を加えました。 興味がある記事から読んでいただけると幸いです。   代謝アップ ひと事に代謝アップと言っても、 基礎代謝に新 …

ダイエット遺伝子検査で体質分析&比較!おすすめ項目は?

ダイエット遺伝子 をご存知でしょうか? 食事や運動に関連する遺伝子、 ダイエットに関わってくる遺伝子を総称して ダイエット遺伝子と読んでいます。 昔は、病院などの施設の直接出向いて、 高額な料金を支払 …

一日2食生活で昔健康の歴史!太る痩せた?朝昼夜抜きいつ?

発明王エジソン。 電球を発明した事で有名ですが 科学者ではないです。 むしろ、商売人の気質を持っていました。 彼の発明品にトースターがあります。 このトースターを普及させるために、 一日3食で健康にな …

時計遺伝子!太らない時間など存在しない⁉効率良く痩せる方法!

びっくりするタイトルの記事を見つけました。 【効率良く痩せる!「太らない時間」ダイエット】 というタイトル 大きく出ましたね!   この記事の気になる点をまとめましたので、 なめらかプリンを …

ホルモン分泌促進でダイエット成功?筋トレ&睡眠!変化あり?

健康への意識が高まったのか? 筋肉の付いた女性を 男女共に美しいと感じる価値観が 生まれたためか、 カロリー制限だけでなく、運動と組み合わせて 痩せるという価値観が受け入れられやすく なりました。 プ …