ダイエット 健康法

ナッツダイエットおすすめ効果!やり方種類?成功注意は塩分⁉

投稿日:


一昔は、

”油(脂)はダイエットの敵”

でした。

 

今では、良質な油(脂)はダイエット、健康に良い!

 

という認識が広がりつついます。

 

そこで、注目を集めているのがナッツ類です。

ナッツ類に含まれる油(脂)以外にも、

食物繊維なども体によい性質があります。

 

本日は、ナッツに関する
ダイエット、健康情報を纏めましたので、

のんびりとご覧くださいな。

 

ナッツの種類

アーモンド

ビタミンE、オレイン酸といった抗酸化作用の
ある成分が含まれます。

特にビタミンEの含有量は、トップクラスです。

またオレイン酸は

  • 血中コレステロール値の抑制
  • 悪玉コレステロールの除去

と言った作用もあります。

 

さらに、
カロリー過多の栄養不足である現代人必要な

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • カリウム
  • 鉄分
  • 亜鉛

も含まれており、とても優秀な食品でしょう。

 

クルミ

アーモンド同様にオレイン酸も含まれていますが、

 

クルミが優れているのは、
α-リノレン酸が豊富に含まれている点です。

 

気になる効果は

  • 血液をサラサラ
  • 血管をしなやかに

 

そうなると、心筋梗塞や脳梗塞と言った
血管が詰まる病気を

防ぐ効果があるとも言えますね!

 

さらに

 

不眠にも効果があるトリプトファンを含みます。

 

トリプトファンは体内で
別名”幸せホルモン”と呼ばれる

セロトニンが含まれます。

 

不眠は、色んなホルモン分泌の異常に繋がります。

さらに、クルミには

  • タンパク質
  • ビタミンB群

を含まれます。

 

これらはエネルギーを生産するのに必要な栄養素。

エネルギーがあれば活動量を増やせます。

 

またアーモンドほどではないですが、

 

一日の消費カロリーを上げて
どんどん体脂肪を燃やしたいですね!

 

カシューナッツ

カシューナッツは、アーモンドやクルミ
と比べ

ビタミンB1の含有量が約2倍。

 

ビタミンB1は
糖質をエネルギーに変換するのに必要な栄養素。

 

最近、流行りのサラダチキンには含まれないので、

カシューナッツとの組み合わせは良さそうです。

 

また骨を作るのに必要なリンや

味覚の維持、タンパク質の合成に必要な
亜鉛

貧血予防に必要な鉄

 

カシューナッツもなかなかな優れものです。

 

ピーナッツ

落花生とも言われますね、

先ほど紹介したナッツと比べ、

 

タンパク質と
ビタミンB1を多く含み、

 

アーモンドに及びませんが

ビタミンEも多く含まれます。

 

勿論、オレイン酸、リノール酸も含みます。

 

一つ注意というか、大事にして頂きたいのが

 

薄皮!

 

捨てずに一緒に食べてください。

皮に、アントシアニン、レスベラトロール
と言った

 

抗酸化作用のある成分が含みますので、
積極的に摂取して下さい。

 

ナッツという名称がついていますが、

厳密には豆類ですw

 

ヒマワリの種

勿論、食用ですよw

リノール酸に加え

  • ビタミンB1
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンE
  • マグネシウム
  • カルシウム
  • カリウム
  • トリプトファン
  • 葉酸
  • 鉄分
  • 亜鉛

 

と言った、現代人に不足しがちな栄養素を多く含みます。

エネルギーを生産に、抗酸化作用

 

これもダイエットに持って来いですね!

 

カボチャの種

またまた登場、食べる種w

 

昔から漢方では、低血糖や回虫の駆除に
使われていた薬でもあります。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ナイアシン
  • ビタミンB6
  • 葉酸
  • パントテン酸
  • ビオチン
  • カリウム
  • マグネシウム
  • リン
  • 亜鉛
  • マンガン
  • セレン
  • クロム
  • モリブデン

 

 

いつも捨てていたカボチャの種。

捨てずに、フライパンで炒って

外側の白い皮をむけば、
市販の食べるカボチャの種と同じ実が入っています。

 

松の実

松ぼっくりの中にあるのが、松の実ですが、

その辺に転がっている松ぼっくりは、
食用タイプの松ではないので

くれぐれも食べないようにw

 

  • ビタミンE
  • ビタミンK
  • ビタミンB1
  • ナイアシン
  • ビタミンB6
  • 葉酸
  • パントテン酸
  • ナトリウム
  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 食物繊維
  • 亜鉛

 

最後に

ナッツ類でも、栄養価のバランスの違いがあります。

ミックスナッツを購入して

おつまみにするのも良いでしょう。

 

どうしても、アルコールの分解過程で、

ビタミン、ミネラルを浪費しますからね!

 

しかし、
塩がかかった状態では食べ過ぎに繋がります。

油分と塩の組み合わせは、
脳が欲するように出来ています

 

くれぐれも、塩がかかっていないタイプで!

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

-ダイエット, 健康法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

緑黄色野菜ダイエット効果?定義一覧!栄養ランキングでサラダも⁉

冬の間に続いた野菜の不作 5月に入りようやく落ち着いてきたので しっかり料理して摂りたい所ですね。   先日こちらの記事で フィトケミカル美容&浄化⁉抗酸化・免疫増強・解毒強化作用! &nb …

外食ダイエットメニュー例!選択基準?気を付ける点は?

出会いの季節となりましたね。 そうなると比較的色々メニューが揃う 居酒屋を利用するのではないでしょうか?   ダイエット中のあなた… 困っていませんか?   とあるルールに沿ってい …

おからダイエット失敗?食べ過ぎ効果なし!成功に水分⁉注意点は

おから と聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか? 豆腐作る時に出るカス 卯の花 安価 ヘルシー 栄養豊富 パサパサ 美味しくない 総菜 満腹感     栄養豊富でヘルシーで安価 …

太らない食事で糖化を防ぎ老化予防!食べ方で防止?酸化対策も⁉

最近つくづく実感するのは、 正しいダイエット法を行うと、 結果的に、   健康や、美容にも良い影響があるという事!     「まずは、野菜から食べる」 もうすっかり常識に …

お酢ダイエット瘦せた飲み方!効果おすすめ種類⁉注意摂取量は?

まだ、春だというのに 夏日を更新して、 かき氷が売れるなんていう日も💦   そうなるとだんだん さっぱりとした酢物も恋しくなりますね!   そんなお酢なんですが、 …