ダイエット 健康法

食べ合わせの意味と秘密一覧!意外な栄養?キャベツカルシウム

投稿日:


もうすぐゴールデンウイークという中で、

夏日の記録を更新する一方で
夜の冷え込みと

なかなか体にはストレスがかかりやすい
時期でもあります。

 

また、冬場は色んな具材が入った鍋系料理が
主でしたが、

単品料理も増えてくる季節にもなってきました。

 

しかし、メインの食材とはべつに添えられる

小物食材…

 

なかには食べない人や、抜いてもらう人がいますが

 

あれには意味があるんです。

 

そんな食べ合わせについてまとめてみました。

 

寿司とガリ

お寿司の隅にあるガリ。

ショウガを薄く切って甘酢に漬けたものですね!

 

ショウガの独特の辛味は

  • ジンゲロール
  • ショーガオール

によるものです。

殺菌作用に加え、

血行を促進したり、
体を温めたりする作用があります。

冷たい寿司ネタに常温の酢飯。

 

体を温めるガリの組み合わせは、
組み合わせが良く、必ずついているわけです。

 

お寿司にはご飯ではなく、酢飯

三分の二はお米という炭水化物がメインである
お寿司。

 

血糖値の急上昇に起こる事による
体に対する不都合なことと言えば、

 

余ったブドウ糖が
筋肉や腱に付着する事によって起きる

『糖化』

 

血管へのダメージを避けるために
血糖値を下げるために放出された
インスリンが起こす、

脂肪への変換のスタート

 

困ったものです💦

 

しかし、
酢飯として摂取すると良いことがあります。

 

酢には文字通り
酢酸が含まれているのですが、

食物の胃から腸への移動を緩やかにします。

更に小腸での糖の分解を抑え、
吸収を遅らせます。

 

という事は、血糖値の急上昇を抑えるのです。

 

豚カツにキャベツはなぜ?

豚カツをはじめとしたカツの衣は、

片栗粉に加えパン粉を振りかけた事により、
唐揚げやてんぷらと比べ

多くの油を含みます。

 

更に豚カツの肉には脂身があり、
油脂たっぷりの、おデブ料理です。

 

油脂たっぷり食事は、
消化器に負担をかけますが、

 

それを助けるのが、キャベツに含まれる

【ビタミンU】

 

更に食物繊維が脂質の吸収を抑えます。

 

天つゆの大根おろし

大根に含まれる消化酵素

【アミラーゼ】

これはデンプンの分解吸収を
高める働きがあります。

 

揚げ物である天ぷらになぜ、
脂質ではなく、

デンプンの分解吸収を
高める消化酵素を加えるのか?

 

衣に加え、カボチャ、ジャガイモ、サツマイモ

と言ったデンプンを含む野菜を
天ぷらにします。

 

よってかなり理にかなった組み合わせなんです。

 

天ぷらの具材に野菜

野菜の天ぷらと言えば

カボチャは勿論、
ピーマン、ししとう、シソ、ニンジン、ナス

と言った緑黄色野菜も定番ですね。

これらに含まられる代表的な栄養素が

 

【βカロチン】

強い抗酸化作用と
必要に応じてビタミンAとして働きます。

 

この栄養素は、油と一緒に摂取することで
吸収が高まります。

 

調理後に時間が経った揚げ物は
油が参加していますので、

 

せっかくの抗酸化作用が台無しです。

 

やはり出来立てを食べるべきです。

 

冷奴に薬味

豆腐にも実は
カルシウムが含まれていますが、

冷奴にかける鰹節には
ビタミンDが含まれており、

カルシウムの吸収を高めてくれます。

 

また、冷奴は夏に食べます。

ついつい冷たい飲み物に加え、
冷たい食べ物を食べ過ぎてしまいます。

 

それによって
消化器の機能を弱めてしまうのですが、

生姜とネギを加える事によって
体を温めてくれますので、

バランスが取れる食品となるのです。

 

 

サンドイッチに塗るバター

サラダに使われるような、
具材を挟まれているイメージが強い

サンドイッチ

実はパンにはバターが塗られているんです。

 

その効果は

  • バターの油分で、
    パンが野菜の水分を吸うのを防ぐ
  • バターの脂質が腹持ちを良くする。
  • バターの風味とコクで旨味をアップ

と陰ながらサンドイッチを支えています。

 

 

最後に

今回、紹介した組み合わせ以外にも

多くの料理に、小物が添えられています。

 

理由が分からなくても、きっと体には良いでしょう!

 

しっかり食べて健康になりましょう。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

-ダイエット, 健康法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

月のリズム⁉生理周期ダイエット!方法食事?成功タイミング!

バイオタイド理論 ”月の引力によって 潮の満ち引きが起きるように 体の80%が水分である人間の体内でも 潮汐作用が起きている” そう言われてしまうと、 常に一定に保つことは 体調に限らずメンタル面も …

一日2食生活で昔健康の歴史!太る痩せた?朝昼夜抜きいつ?

発明王エジソン。 電球を発明した事で有名ですが 科学者ではないです。 むしろ、商売人の気質を持っていました。 彼の発明品にトースターがあります。 このトースターを普及させるために、 一日3食で健康にな …

太らない食事で糖化を防ぎ老化予防!食べ方で防止?酸化対策も⁉

最近つくづく実感するのは、 正しいダイエット法を行うと、 結果的に、   健康や、美容にも良い影響があるという事!     「まずは、野菜から食べる」 もうすっかり常識に …

舞茸ダイエット痩せない?効果なし⁉テレビ嘘と本当!成功⁉

最近見つけた ”7日間で痩せる!「舞茸ダイエット」のやり方” 世間一般の人が言う痩せるとは 体内に溜め込んだ脂肪を落とすという事。   また、食事によるダイエットで求める事と言うと 体脂肪を …

no image

健康ダイエット記事まとめ!代謝アップ・脂肪燃焼・○○ダイエット

過去に書いたダイエット、健康に関する記事を 種類分けと、簡単な説明を加えました。 興味がある記事から読んでいただけると幸いです。   代謝アップ ひと事に代謝アップと言っても、 基礎代謝に新 …