ダイエット 健康法

体のだるさ解消法でダイエット⁉原因は肝臓?食べ物方法栄養素!

投稿日:


新年度が始まり、
なかなか心も体も慣れない毎日💦

もうすぐでゴールデンウイーク!

それまでに根性で乗り切る‼

 

ちょっと待って下さい。
このまま行くと確実に五月病を発症です💦

 

身体は、ちゃんと信号を発している訳ですから
無視せずにきちんと受け取りましょう。

 

今回は考えられる原因と、

その対策について纏めましたので
のんびりとご覧ください。

 

身体がだるいという事は…

肉体面で考えた場合、

 

まずは、
エネルギー不足が考えられますね。

体を動かす際に
体内にある糖質を使いますが、

体内ではグリコーゲンという形で
蓄えられています。

 

どこに蓄えられているかというと

肝臓です。

 

次に考えられるのは、
毒素が溜まりやすく、排出されていないことです。

解毒を行うのは

肝臓です

 

エネルギー代謝とデトックスに関わる

肝臓

 

また、肝細胞内にあるミトコンドリア内で
エネルギーの生産が行われます。

ミトコンドリア内の反応

 

弱っいたら痩せないとことです。

 

肝臓を元気になる

体のだるさが無くなる

痩せやすい体質になる

 

いい事だらけですね!

 

肝臓を元気にする栄養素

 

【オルニチン】:しじみ、まぐろなど

アルコールを中心とした毒素の分解を助け、
肝機能を高める。

 

【タウリン】:イカ、タコ、シジミなど

アルコールを中心とした毒素の分解を助け、
ダメージを負った肝臓の修復をサポート。
胆汁酸の分泌を増やし、脂肪を分解

 

【クルミン】:ウコン

アルコールを中心とした毒素の分解を助ける。
中性脂肪対策。

 

【アラニン、グルタミン、
L-システインと言ったアミノ酸】:しじみ、大豆など

アルコールを中心とした毒素の分解を助け、
ダメージを負った肝臓の修復をサポート。
肝機能を高める。

 

【アスタキサンチン、アントシアニン
カテキンと言ったアミノ酸】:ブルーベリー、緑茶など

肝臓を中心に体内への蓄積を防ぐ

 

【ビタミンB群】:ウナギ、豚肉、レバー、
卵、ナッツなど

アルコールを中心とした毒素の分解を助け、
脂肪の分解や代謝を上げる。

 

【ビタミンC】:柑橘類、キャベツ、パプリカなど

肝臓組織の老化予防

 

【ビタミンE】:ナッツ類、アボカド

肝臓細胞の老化予防

 

【ビタミンU】:キャベツなど

アルコールを中心とした毒素の分解を助ける

 

【コリン・レシチン】:枝豆、大豆など

脂肪の分解や代謝を上げる。

 

【アリシン】:にんにく、ニラ、玉ねぎなど

アルコールを中心とした毒素の分解を助ける

 

【クエン酸】:梅干し、柑橘類など

アルコールを中心とした毒素の分解を助ける

 

【亜鉛】:牡蠣、しじみなど

アルコールを中心とした毒素の分解を助け、
ダメージを負った肝臓の修復をサポート

 

お酒を飲むと太る?

  • お酒には糖質が含まれ、糖質で太る
  • お酒と一緒に、高カロリーのつまみを
    食べることで太る

本当にそうでしょうか?

そして上の言い分を信じる信者のために
作ったかのような食品が生まれます

 

糖質オフ、プリン体オフと言った
第3のビールや、

人工甘味料を使った缶酎ハイ

カロリーオフの菓子など

 

では、そういったものを摂取している
人は太っていないか?

 

そんな事はないですよね、
むしろ、それらの食品は、

価格が安いために、多量に摂取します。

 

そして、アルコールの多量摂取で肝臓が弱ります。

 

弱ったことによって、

活動に必要なエネルギーが生み出されない。

 

一日の活動量が落ち、
体脂肪はますます消費されない。

 

脂肪肝に、そして肝硬変…。

 

お酒によって太る本当の理由は、

 

肝機能が低下して、
活動エネルギーが産出されず、
一日の活動量が落ちる

よってカロリー消費が行われず、太る

 

が本当の所で無いでしょうか?

 

 

最後に

肝臓は沈黙の臓器と言われています。

毎年行われる健康診断で

肝機能に関わる項目で正常値が出ていない方、

 

一度本気で、

プチ断食を行い、肝臓を休める日を
作るのはどうでしょうか?

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

-ダイエット, 健康法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カロリー制限痩せない理由は栄養不足?マグネシウム!鉄も⁉

カロリー制限はダイエットの定番! 新たに増やす、加えるより 一番手軽な減らす 食べる量を減らすをやりがち…。   それでも痩せることは出来るのですが、 同時に、太りやすい肉体が出来上がります …

低カロリー甘味料&低脂肪食ダイエット痩せない!栄養満点が重要

”カロリーと脂肪はダイエットの敵” その価値観はいつ広まったのでしょうか?   この記事を書いている私は現在30代前半。 記憶が確かなら カロリーという言葉を知っていたのは 小学校の時には既 …

昆虫食ダイエット栄養デメリット!アレルギー⁉気持ち悪い!

国連も推奨する昆虫食 幼虫や蛹(さなぎ)が中心あるで、 一般的に気持ち悪いイメージでしょう。 実は、ハリウッドの アンジェリーナ・ジョリーを始め アメリカのセレブの間では注目されています。 &nbsp …

食事で脂肪燃焼!毒素抜き⁉・グルタチオン・L-システイン

小ネタ集です。   タンパク質 タンパク質は炭水化物や脂質を消化するより 多くのエネルギーを必要とします。 食事にタンパク質が 豊富に含まれている事により グルカゴンが放出され、脂質をエネル …

時計遺伝子!太らない時間など存在しない⁉効率良く痩せる方法!

びっくりするタイトルの記事を見つけました。 【効率良く痩せる!「太らない時間」ダイエット】 というタイトル 大きく出ましたね!   この記事の気になる点をまとめましたので、 なめらかプリンを …