ダイエット トレーニング 健康法

ダイエット食事!筋トレ痩せない⁉基礎代謝上げ方運動カロリー!

投稿日:


筋肉は使わなければ落ちます。

ボディービルダーような肉体を
手に入れても

維持するには

 

筋トレ

 

あんなに効率の悪い肉体。

所詮見せるだけの筋肉、維持には筋トレです。

 

維持には筋トレ…。

 

では痩せるには?

 

本日はそれについて順にお伝えします。

 

筋トレで痩せる理由は筋肉の増加?

”筋トレを行い、
筋肉量を増やして基礎代謝を上げましょう”

なんて言われます。

 

では一日で消費されるカロリーに内、
基礎代謝はどれほどの割合を占めているのでしょうか?

 

総エネルギー消費量100%

基礎代謝60%
+
身体活動量30%
+
食事誘発性熱産生10%

 

更に基礎代謝の内、筋肉の占める割合は

約20%

代謝アップダイエット!基礎代謝?新陳代謝⁉方法は?酵素&朝食

 

確かに筋肉を増やす事で、
消費カロリーを増やせますが

効果がそこまで大きくない事は明らかです。

 

総エネルギー消費量100×基礎代謝0.6×基礎代謝0.2
12

12÷100=0.12%

 

筋肉量を増やすだけに焦点を当てても
限界があります。

 

町のジムに行くと、

以外と肩、腕、胸などの筋肉は
がっちりとしているのに

ポッコリお腹の男性がいます。

 

筋肉は増えても、脂肪は減らない!

 

筋肉を増やすだけでは不十分なんです!

 

 

一日の活動量を増やして行く

一日の総エネルギー消費量の内
基礎代謝は

60%も含まれますが、
こちらの意思で強制的に増やせるのは筋肉量で
すが、

60%の中の20%です。

 

それなら、
一日の総エネルギー消費量の内30%を占める

身体活動量に注目した方が良いのです!

 

筋トレに励んで、全身筋肉痛で動けないでは

一日の活動量なんていっこうに増えません。

 

ますます体は大きくなって行きますね💦

 

身体活動量とは

一日の総エネルギー消費量の
30%もあるのですが、

大きく分けると

  • 運動によるもの
  • 日常生活の動きによるもの

の二つになります。

 

これらの身体活動と運動の強度の単位を

メッツ(MET’S)と呼びます。

 

例えば、

  • 20分の歩行と20分の軽い筋トレは
    3メッツ
  • 階段の昇り降り10分とエアロビクス10分は
    6メッツ

 

更にメッツからカロリー計算が出来き、

MET’S×運動時間h×体重㎏×1.05

=〇kcal

 

となります。

 

ジムに行ってトレーニングをする人の方が
身体活動量が多いか?

と言ったら、そうでもなく

 

それこそ、

  • 畑仕事
  • 営業の外回りで歩き回っている人
  • 家事

 

の方が身体活動量多いことがあるので、

 

自己啓発でジム通いを習慣化させた所で

痩せません。

 

 

まずは自分の部屋の片づけ掃除が

ダイエットのスタートです。

 

家事を後回しにしない事です。

 

しかし、家事をついつい後回しに
してしまいますよね?

 

なぜでしょうか?

 

それは、エネルギーが足りていないからです!

 

太るのはエネルギーが余っているから?

食べ過ぎているから太る。

それでも、エネルギーが足りていない。

それはどういう事か…

 

エネルギーの変換に必要な物が
足りていないからです。

 

必要な物は、

カロリー制限痩せない理由は栄養不足?マグネシウム!鉄も⁉

 

  • ビタミンB群
  • マグネシウム

摂取したカロリーを
エネルギーに変換する必要があります。

 

エネルギーに変換されなかった
カロリーは脂肪に。

エネルギーとして消費しきれなければ
脂肪に。

 

エネルギーに満ち溢れた状態であれば

体は楽に動きますので、

家事を後回し
にしようという発想は生まれません。

 

現代人はカロリー過多の栄養不足なのです!

 

痩せるための筋トレとは?

筋肉痛によって動けず、活動量が落ちる。

本末転倒です。

 

筋肉量を増やしながらも、
活動量を増やして行くが理想。

 

さらに加えたいのは有酸素運動。

 

有酸素運動といえば、

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • 水泳

など長時間動くイメージがありますが、

 

体脂肪燃焼のための有酸素運動は

最大心拍数の40~65%未満の負荷運動です。

20分を超えたあたりから、
脂肪燃焼が始まるとされています。

http://namerakapulin.com/3278.html

筋トレをこれに該当するように
行えば良いのです!

 

休憩なしで、
刺激を加える筋肉を変えていけば良いのです。

 

最後に

”筋トレをして基礎代謝を上げる”

 

食べたいものを我慢したくない人が
妄信するものです。

 

しかし、

本気で痩せたいなら
食事に目を向けなけれないけません。

 

そう、カロリー制限です。

 

筋肉を増やすではなく、

痩せたいのなら、頑張ってください。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

-ダイエット, トレーニング, 健康法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

誰だ

脂肪分解!代謝アップ栄養素⁉食べてカロリー消費とは?No.1

人工甘味料を使用したカロリーオフ飲料たち   購入者の健康を守るために カロリーオフいしている   きっと多くの方がそう思っているのでしょう。 でも人工甘味料を使った方が、安いコス …

食事で脂肪燃焼!毒素抜き⁉・グルタチオン・L-システイン

小ネタ集です。   タンパク質 タンパク質は炭水化物や脂質を消化するより 多くのエネルギーを必要とします。 食事にタンパク質が 豊富に含まれている事により グルカゴンが放出され、脂質をエネル …

豆ダイエット痩せた?効果やり方種類は口コミレシピ⁉栄養素は?

ヘルシー志向の高い女性の貴重なタンパク源の 大豆 大豆はマメ科の一年草です。 という事は他にも種類があります。 同じマメ科の一年草には、 インゲン豆 ひよこ豆 小豆 などがありますが、   …

身体活動メッツ計算表!厚生労働省⁉運動強度ダイエット!

ダイエットに運動は必須要素です! その運動の目安に使える メッツ/MET’S をご存知でしょうか?   これは野球チームのメッツ   こっちは清涼飲料水のメッツ &nb …

食べないダイエット方法1ヵ月成功?痩せない問題改善!食事内容

食べなきゃ痩せる。 餓死なんていう言葉もありますから 当然です!   ボクサーに至っては、 軽量直前は水を飲まないと言います。   とにかく食べなければ痩せます。   と …