ダイエット 健康法

ダイエット肌荒れ乾燥ニキビ原因食べ物⁉お茶サプリで改善⁉

投稿日:


ダイエット記事の一覧を見ていると
不思議なタイトルが…。

 

【ダイエットに成功したのに肌荒れが…
健やかな肌を守るためのケア】

 

ダイエットと言えば、痩せる事

痩せる事とは、体内の体脂肪を減らす事。

 

そのために必要な事をざっくり並べると

 

  • 動くためのエネルギーを生産する
    栄養素の摂取
  • 一日の活動量を上げて消費カロリーを増やす
  • 腸内環境の改善させ、新陳代謝を増加

 

仮に食べないダイエットを行っても、

食べない=ファスティング

これは、デトックス効果があり
便秘になりようがないのです。

 

肌荒れがあっても、ダイエットが成功するなんて

 

あり得ないんです。

動くためのエネルギーを
生産するための栄養素を摂取するという事は

結果的には肌の状態を整える
栄養素も摂る事になります。

 

とにかく謎!

 

そんな思いで記事を読むと

ダイエットをしていて肌が荒れやすいのは
栄養不足、ストレス、便秘が大きな原因。

 

ダイエットが成功したという記述は
一切なし

当然です!

 

肌荒れ起している時点で、
脂肪代謝に必要な栄養素が足りていませんので

 

体脂肪は落ちません。

 

上の記述も、正確には

 

”誤った
ダイエット法をすると肌荒れが起きやすくなる”

”それによって栄養不足、便秘が起こるからです!”

 

今回は

  • どんな誤ったダイエット法を行うと
    便秘、栄養不足がおきるのか?
  • 正しいダイエットの基礎

 

について説明していきます。

 

どんな誤ったダイエット法を行うと
便秘、栄養不足が起きるのか?

痩せよう思った場合、
真っ先に摂取するカロリー減らすという

選択肢を選択します。

 

これ自体は間違いではないですが、

手段が重要となります。

 

食べないダイエットの代表と言えば、

プチ断食やファスティングと呼ばれる物!

 

便秘というのは、
食べたもののカスが、大腸で停滞して
排出されない状態。

 

ファスティングの一番の目的は、

摂取カロリーを抑えて痩せる事ではなく、
排出を促して、新陳代謝を上げる事。

 

便秘を起している時点で、
間違った食べないダイエットなのです。

 

現代人は、

”カロリー過多の栄養不足”

と呼ばれています!

 

そんな中、食べる量を減らせば

更なる栄養不足。深刻です!

 

またカロリー過多の内約は、

 

お菓子やジャンクフードと言った

質の悪い、炭水化物と脂(油)です。

 

油(脂)、砂糖、塩を組み合わせた
食べ物は、非常に人間の脳は欲します!

 

大手食品メーカーはそういった商品を発売します。

 

しかも、
安ければ大量に購入して食べてくれますので

質の悪い、安い原材料をしようします。

 

では、炭水化物や油(脂)が
体にとって悪い物か?

 

というと全くそう言った事ではなく、
質の問題なのです。

 

どんな食材を使ったら良いか?

炭水化物の元は植物です。

害虫がついたり病気にならないように
農薬をまい育てますね。

 

例えばお米。

 

精製されたものを白米と言いますね。

そしてその前の状態を玄米と言います。

 

精製されたお米は美味しいです。

しかし、ビタミン、ミネラルと言った
栄養素をそぎ落とした状態なのです。

 

精製せずに食べられる、ビタミン、ミネラルを含んだ

 

では、精米せずに玄米で食べれば良いのでは?

 

と思うのですが、

 

安く大量に育てられたお米というのは、
農薬を大量に撒かれています。

 

お米に付着しているという事です。

 

安いお米を玄米状態で食べる事は
農薬を食べる事にもなるので

 

危険です。

 

精製しなくても、
安全な炭水化物の摂取が重要。

 

また加工される前の原型に近い
炭水化物ほど(低GI値の食品)

 

食べた時の血糖値上昇がおだやで、
体脂肪生成の原因となる

インスリンの大量放出を抑えてくれます。

 

また加工された炭水化物、

砂糖、パスタ、パンほど

インスリンの大量放出が起こりやすく、
体脂肪の蓄積を促進させます。

 

次に油(脂)

安い油というのは、
コストを抑えて作られたいます。

 

その代表格が、サラダ油にキャノーラ油です。
生産コストを抑えるために

様々な添加物が入れられ
結果的にトランス脂肪酸を含んだ油になります。

 

それらは血管のつまりの原因にもなります。

 

また、これらの油は安いので
色んな食品に使われ

摂取する機会が多いです。

これらの油は常温では液体である
不飽和脂肪酸。

 

不飽和脂肪酸の過多になってしまい。

体に摂取する飽和脂肪酸との比率が崩れます。

 

また、不飽和脂肪酸には熱の弱い
オメガ3脂肪酸があります。

 

青魚、亜麻仁油、えごま油に含まれます。

 

結局質の悪い、悪い油(脂)しか
体に入って行きません。

 

油(脂)体に必要な栄養素ですが、
それらの、油(脂)では、

体内で正常に作用されません。

 

正しいダイエットの基礎とは

この内容は

予定文字数に達したので次回お伝えします。

 

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

 

-ダイエット, 健康法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

卵ダイエット効果デメリット?コレステロール⁉方法は?何個?

お手軽で手に入り、簡単に食べられる たんぱく質といえば? 牛乳…。   しかし最近は、 牛乳に含まれるカゼインプロテインが 日本人の多くが、消化吸収できないので 飲まない方が良い という論調 …

低カロリー甘味料&低脂肪食ダイエット痩せない!栄養満点が重要

”カロリーと脂肪はダイエットの敵” その価値観はいつ広まったのでしょうか?   この記事を書いている私は現在30代前半。 記憶が確かなら カロリーという言葉を知っていたのは 小学校の時には既 …

代謝アップダイエット!基礎代謝?新陳代謝⁉方法は?酵素&朝食

ダイエット情報を調べると出てくる 【代謝】という言葉 朝食を食べて代謝アップ 酵素ドリンクを飲んで代謝アップ 体温を上げて代謝アップ   など   本日は代謝と それに関係するダイエットつい …

舞茸ダイエット痩せない?効果なし⁉テレビ嘘と本当!成功⁉

最近見つけた ”7日間で痩せる!「舞茸ダイエット」のやり方” 世間一般の人が言う痩せるとは 体内に溜め込んだ脂肪を落とすという事。   また、食事によるダイエットで求める事と言うと 体脂肪を …

健康&食の小ネタ集!低価格食品の罠

小ネタ集 特に膨らまない内容でしたので、集めました。 食と不眠の関係 アメリカ睡眠学会の発表で 理論理屈の証明にまで至っていませんが 食物繊維が少なく、 脂肪、炭水化物の摂取が多い人は 睡眠時間が短く …