ダイエット

脂肪分解!代謝アップ栄養素⁉食べてカロリー消費とは?No.2

投稿日:


前回は人工甘味料に触れ、そこから

脂肪燃焼を分解する栄養素

を紹介しました。

 

カロリーオフ飲料、シュガーレス菓子
など作らず、

脂肪を分解する栄養素を
含んだお菓子でも作ればいいのに

と思いましたが、コストが高くなってしまい

売れないんでしょうね💦

 

では本日は

代謝がアップする栄養素について

説明していきます。

 

代謝がアップする栄養素とは

ここでいう代謝とは基礎代謝です。

基礎代謝についてはこちらで
紹介していますが、

代謝アップダイエット!基礎代謝?新陳代謝⁉方法は?酵素&朝食

 

ざっくりいうと普段の生活で
勝手に消費されるエネルギーという解釈で良いでしょう。

そのなかでも、
多くのエネルギーを消費する器官は

  1. 筋肉
  2. 肝臓

です。という事は、これらの器官の
パフォーマンスを上げる栄養素を摂りましょう!

という事です。

 

【タンパク質】

もう言わなくても分かりますよね!
筋肉の素です。

筋肉量が増えれば、基礎代謝があがります。

普段の筋力トレーニングに加えきちんと
摂取が必要です。

おすすめは無添加プロテインの摂取です。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

風神プロテインWPC コンセントレート【送料無料!】【徳用5kg!】【プロテイン】【ホエイプロテイン】【5キロ】
価格:10778円(税込、送料無料) (2018/4/4時点)

 

実際に飲んでいます。
特に小腹が空いたタイミングです。

 

また、タンパク質は
食事誘発性熱生産が最も高いので、

朝にプロテイン摂取は、体温アップに
繋がりますので

 

そう言った意味でもお勧めです!

 

【リジン】

必須アミノ酸の一つで

  • 疲労回復
  • 集中力アップ
  • 肝機能アップ

疲労回復に集中力アップ…。

これ勤務日の午後に必要となる場面
が多いですよね。

 

リジンをアミノ酸サプリなどから摂取して
パフォーマンスが上がれば

消費するカロリーも増えるという事ですね!

 

【アルギニン】

  • 血流の改善
  • 心疾患予防
  • 成長ホルモンの分泌促進

血流が悪ければ、エネルギー供給ができません

また成長ホルモンは、
若返りホルモンとも呼ばれています。

肉体の老化は、パフォーマンスが落ちます。
落ちるという事は、当然カロリー消費も

是非とも摂りたいですね!

 

【メチオニン】

肝臓の機能を活性化させるアミノ酸の一種です。

肝臓も基礎代謝量が多い臓器ですので
基礎代謝量アップも期待でき、

さらにアレルギーや鬱症状の改善する
働きがある優れものです!

 

【L-カルニチン】

脂肪は分解されなけば、消費できません。

分解されると脂肪酸となるのですが
その脂肪酸を運ぶのがL-カルニチンです。

自分の体で合成できるものですが、
50代以降、生産力がさがるので

この年齢に近づいたら摂っておきたいですね

赤身の肉に多く含まれます。

 

おまけ【HCA】

ガルシニアという植物の果実に含まれます。
脂肪の合成を抑える働きがあります。

 

女性ほどプロテインを摂った方がいい?

間違った先入観から、
プロテインを飲むことを避ける女性がいます。

筋トレもせずこのような
体型にはなりません

 

 

一般的に男性と比べ女性の方が
筋肉量が少ないです。

そういう点では、女性の方が痩せにくいのです💦

また、
タンパク質は筋肉の材料としてだけではなく

肌、骨、血液、髪の毛の材料でもあります

 

肌に髪の毛…。女性はここにもお金を使います。

材料が無ければ、良い状態が作れません。

化粧品の意味がありません。

 

また、ソイプロテインには
大豆イソフラボンが含まれております。

こちも美容効果があります。

さらに、ソイプロテインは
腹持ちが良いので、間食を予防することもできます。

 

最後に

二回にわたってお伝えしてきましたが、

食べる事が
ダイエットを成功させるために

重要です。

 

栄養を摂って、体のパフォーマンスを
上げて行きましょう

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

-ダイエット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダイエット遺伝子検査で体質分析&比較!おすすめ項目は?

ダイエット遺伝子 をご存知でしょうか? 食事や運動に関連する遺伝子、 ダイエットに関わってくる遺伝子を総称して ダイエット遺伝子と読んでいます。 昔は、病院などの施設の直接出向いて、 高額な料金を支払 …

体のだるさ解消法でダイエット⁉原因は肝臓?食べ物方法栄養素!

新年度が始まり、 なかなか心も体も慣れない毎日💦 もうすぐでゴールデンウイーク! それまでに根性で乗り切る‼   ちょっと待って下さい。 このまま行くと確実に五月病を発症です …

食事で脂肪燃焼!毒素抜き⁉・グルタチオン・L-システイン

小ネタ集です。   タンパク質 タンパク質は炭水化物や脂質を消化するより 多くのエネルギーを必要とします。 食事にタンパク質が 豊富に含まれている事により グルカゴンが放出され、脂質をエネル …

豆ダイエット痩せた?効果やり方種類は口コミレシピ⁉栄養素は?

ヘルシー志向の高い女性の貴重なタンパク源の 大豆 大豆はマメ科の一年草です。 という事は他にも種類があります。 同じマメ科の一年草には、 インゲン豆 ひよこ豆 小豆 などがありますが、   …

目的別ダイエット意味!食事運動でイライラ⁉おすすめ速報!

社会人女性向けサイト 『マイナビウーマン』の調査で https://woman.mynavi.jp/ 女性のダイエットおいて 『痩せる』 以外の目的がある事が明らかになりました。   てっき …