ダイエット 健康法

添加物フリーダイエット!人工甘味料依存で危険⁉グルタミン?

投稿日:2018年3月18日 更新日:


食品添加物

なんとなく危ない気はするんですけど
良く分からないという人は多いと思います。

 

  • 食品製造の際に添加する物質
  • 用途は、製造用剤、風味や外観用、保存用、栄養強化など

 

特に日本の添加物は
安い原材料でも美味しく出来て

低価格で食品を提供できる点では
素晴らしい技術だと思います。

 

”勿体無い”

本来なら生ごみになるものが食品になるんです。

食料自給率の低い日本には必要⁉

 

天然由来のの添加物は安全?

食品添加物には、
化学添加物と天然添加物の2種類があります。

化学添加物の原料の多くは
安全テストの義務と厚生労働省の許可が必要で、

天然添加物は
『伝統的に使われており、安全性が確認されている』
という位置づけ

のようです。

 

化学合成は危険で天然は安全か?

 

 

と言ったら全くそんなことはないのです。

長年摂り続けた場合の毒性は不透明で
100%安心できないものなんです。

 

 

更に…

安い調味料、特に醤油、味噌の
原材料一覧に表記されている

アミノ酸等

 

これはL-グルタミン酸Naをメインにしたものです。

 

顔面や手の痺れ…脳の急性疾患かと思いきや

日本の食品に多く含まれる
L-グルタミン酸Na。

これは元々昆布に含まれる旨味成分で
毒性がほとんどありません。

 

しかし純度の高いL-グルタミン酸Naが体内に入ると、
消化管が上手く処理できず、

顔面や首、腕にかけて

  • 痺れ感
  • 灼熱感
  • 動悸
  • めまい

 

という症状を起すという報告があり、

敏感な人は少量でも反応が出ると言われています。

これは
中華料理店症候群と言われています。

 

顔面が痺れる感じがするということで、

脳出血、脳梗塞を心配し
病院を受診し、頭部CT・MRI検査をしても

 

L-グルタミン酸Naが原因だった場合

画像診断では分かりませんの異常なしになります💦

 

あなたの食欲の暴走は本当にストレスが原因ですか?

旨味成分という事は、味覚に作用しますよね?

という事で脳にも作用していますよね

 

 

多くの方はストレスが原因で、
食欲が抑えられないと感じているようですが、

ストレスはきっかけであり
ブレーキが利きにくくしている要因に

純度の高い旨味成分は否定できないと思います。

 

更に恐ろしい事に

 

人工甘味料の脳への影響が報告されています。

  • 慢性的に人工甘味料を摂取していると
    本物のカロリーのある糖に対する甘さの強さ増加させる
    (脳の認識が狂う)
  • より食べるように指示を出す(食欲の暴走)
  • さらに、多動、不眠症を促し睡眠の質の低下

 

ちなみに不眠によって体内時計が狂い、

ホルモン分泌にも影響し、
結果として太るとされています。

時計遺伝子!太らない時間など存在しない⁉効率良く痩せる方法!

 

ダブルパンチ

 

まだまだ怖い人工甘味料

血液中の糖分が増えると血液がドロドロになり、
血管にダメージを与えます。

それを防ぐために、
膵臓からインスリンというホルモンが出るのですが

それによって糖分が脂肪に変わります。

 

実は人工甘味料にも反応する事が判明しました。

という事は、

太りやすさは変わっていません。

 

ただでさえ、糖分を摂取していなくて
血中の糖分は少ないのに

人工甘味料による強制的な
インスリンの分泌

脳のエネルギー源である、糖分が無くなり
集中力の低下

膵臓にも酷い負担がかかっているという事です。

 

またインスリン以外にも、

脳に満腹感を与えるレプチンも過剰分泌を
させるようです。

過剰分泌

 

それによって満腹感が麻痺を起すようです。

 

さらに麻痺を起すのは味覚!

人工甘味料は甘すぎるのです。
通常の砂糖の摂取では

十分な甘さを感じなくなります。

 

添加物を辞めれば痩せる?

少なくても、
グルタミン酸Naと人工甘味料を

摂取しなくなるだけでも、

痩せた体質になる
(添加物によって太りやすくなった体質
から元の体質)

 

といえるのではないでしょうか?

 

 

最後に

L-グルタミン酸Naが添加されている
調味料は値段が安いです

余分な工程を省いた事により
味が落ちますが、それも旨味成分でごまかす。

 

更に、砂糖より人工甘味料の方が
原価が安いです。

市販される清涼飲料水には人工甘味料が
採用されています。

 

避けるだけで、食品コストは上がりますが、

太った体型を維持すれば
生活習慣病の危険も増します。

総合的に見れば安く済みます。

 

皆さんも一度、試してみるのも良いでしょう

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

セミナー依頼、
遺伝検査に基づいたダイエットサービス
の問い合わせはコチラ ytanisuke73@gmail.com

-ダイエット, 健康法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

誰だ

脂肪分解!代謝アップ栄養素⁉食べてカロリー消費とは?No.1

人工甘味料を使用したカロリーオフ飲料たち   購入者の健康を守るために カロリーオフいしている   きっと多くの方がそう思っているのでしょう。 でも人工甘味料を使った方が、安いコス …

一日2食生活で昔健康の歴史!太る痩せた?朝昼夜抜きいつ?

発明王エジソン。 電球を発明した事で有名ですが 科学者ではないです。 むしろ、商売人の気質を持っていました。 彼の発明品にトースターがあります。 このトースターを普及させるために、 一日3食で健康にな …

健康&食の小ネタ集!低価格食品の罠

小ネタ集 特に膨らまない内容でしたので、集めました。 食と不眠の関係 アメリカ睡眠学会の発表で 理論理屈の証明にまで至っていませんが 食物繊維が少なく、 脂肪、炭水化物の摂取が多い人は 睡眠時間が短く …

フィトケミカル美容&浄化⁉抗酸化・免疫増強・解毒強化作用!

三大栄養素ぐらいは、 学生時代不真面目だった人も、 現在、体作りに興味があれば分るでしょう! そう たんぱく質 炭水化物(糖質) 脂質   もうちょと勉強した人は知っていますよね? 五大栄養 …

春野菜デトックス!薬膳ダイエット⁉種類!効果?フキノール酸!

冬に溜め込んだ脂肪…。   脂肪だけですか?   活動量落ちましたよね? 血液の循環の勢いはどうでしたか? 汗のかく量はどうでしたか? これらも落ちています!   という …