ダイエット トレーニング 健康法

正月太り原因対策ダイエットで解消リセット!あなたのダイエット法超重要な〇〇が抜けています。

投稿日:


お正月…一年で最も太る時期でしょうか?💦

家に籠って食っちゃ寝…。

因みに
「心身ともに安静な状態の時に生命維持のために消費される
必要な最小限のエネルギー代謝量」を

”基礎代謝量”

と言うのですが、一日のうち最もカロリー消費するのが
・骨格筋・肝臓・脳

正月、ひたすらお酒を飲んでいる方は、
肝臓に限っては、普段よりフル稼働ですが、

休日で身体を動かさないとなれば、骨格筋は
殆どんど使いませんし、

勤務中と違い、何かに集中することなく、
ぼーっとテレビを観て居れば、脳も使いませんので、

やっぱり食事を普段通りの量でも太ってしまいますし、

そこに暴飲暴食を加えれば、もう完全にアウトですね。

もうここは、正月はのんびりとして、正月明けから
頑張っていただきたいのですが、

流行のダイエット法に取り掛かる前に超重要な事をまとめましたので、

なめらかプリンでも食べながら
のんびりとご覧下さい。

 

  • 多くの人が勘違いしている、摂取カロリーと消費カロリー
  • あなたのダイエット法、超重要な〇〇が抜けています。
  • ビタミンB群一覧とその働き
  • ビタミンB群を含む食材一覧

 

多くの人が勘違いしている、摂取カロリーと消費カロリー

「食べた分、一生懸命動くから大丈夫!」

誰もが一度は口にしたことが、若しくは
聞いた事があるセリフではないでしょうか?

結局、このように解釈しているのですね

摂取カロリー>消費カロリー…太る
摂取カロリー<消費カロリー…痩せる

でもこれ、大切なことが抜けています。

摂取したカロリーをエネルギーに変換

余ったもの、変換されなかったものが、脂肪になります。

 

なので、食べた分だけ動こうにも、
それがエネルギーに変換されなければ、消費すらできません!

食べた分だけ、動けず脂肪になってしまいます。

 

では、どうすればエネルギーに変換できるのでしょうか?

次項順に説明していきます。

 

あなたのダイエット法、超重要な〇〇が抜けています。

いろんなダイエット法が乱立するのは、

効果が出る人、出ない人。
続く人、続かない人がいるから。

勿論、体質に合う、会わないがあるでしょうが、

根本的に、摂取したカロリー(貯めこんだ脂肪)を
エネルギー変換できなければ、

消費できません。

では、どうするか?

ビタミンB群を積極的に摂取する

 

ビタミンB群は基本的に、炭水化物、脂肪、タンパク質の代謝に
働きます。

例)
糖質の代謝:ビタミンB1が必要
脂質の代謝:ビタミンB2が必要
タンパク質の代謝:ビタミンB6が必要

殆どのビタミンB群は、
エネルギーの供給や老廃物の代謝に働く元気の素。

どれが欠けても疲れ易くなります。

疲れていたら、身体は動かせないので、
カロリー消費のための運動も出来ません💦

ビタミンB群一覧とその働き

【ビタミンB1】

  • 糖質をエネルギーに変換
  • アルコールの代謝に関与
  • 脳の働きに関与する
  • 神経の働きを正常に維持

 

【ビタミンB2】

  • 脂質をエネルギーに変換
  • 過酸化脂質の分解に関与
    (過酸化脂質:コレステロールや中性脂肪といった脂質が
    活性酸素により酸化したもの。細胞核内のDNAを損傷させる)
  • 脳と肝臓の働きに関与
  • 皮膚や粘膜の代謝に関与

 

【ビタミンB3】(ナイアシン)

  • エネルギー作り
  • 脂質や糖質の分解に関与
  • 皮膚・粘膜の炎症を防ぐ
  • 神経症状を防ぐ

 

【ビタミンB5】(パントテン酸)

  • タンパク質・脂質・糖質の代謝
  • 神経、副腎皮質の機能を正常に維持
  • 皮膚や毛根に栄養を与える

 

【ビタミンB6】

  • 体のタンパク質の合成や造血に関与
  • 脳の働きを関与
  • 神経伝達物質の生成
  • 抗アレルギー作用に関与
  • 脂質の抗酸化作用

 

【ビタミンB12+葉酸】

  • 神経を守り、正常な働きをする
  • ヘモグロビン、赤血球の合成造血作用に関与
  • タンパク質の代謝
  • 核酸の合成に関与
  • 脳の発育を助ける

 

【ビオチン】

  • 皮膚を健康に保つ
  • 筋肉痛の緩和
  • 白髪、薄毛の予防

 

ビタミンB群が身体の中で効率的に働くには、
単体ではなく、複合体で摂る事が理想的です。

(ナイアシンやビタミンB12は葉酸に、
ビタミンB2はビタミンB6など)

次項では、食材を紹介します。

 

ビタミンB群を含む食材一覧

ビタミンというと野菜に沢山含まれていると思いがち💦

でもビタミンB群は違います。
野菜ばかりでの食生活を送っている方は

慢性的なビタミンB群不足かも

 

【ビタミンB1】
ウナギ、豚肉、たらこ、玄米、ぬか漬け、枝豆、ピーナッツ

【ビタミンB2】
レバー、ウナギ、牛乳、納豆、アーモンド、卵、ヨーグルト、パン酵母

【ビタミンB6】
ニンニク、唐辛子、マグロ、、鶏ササミ、バナナ、パン酵母

調査中

 

【ビタミンB3】
まいたけ、タラコ、コーヒー、かつお節、パン酵母、ピーナッツ

【ビタミンB5】
レバー、しいたけ、チーズ「、パン酵母、卵、大豆、米ぬか

【ビタミンB12】
鮭、しじみ、のり、いわし、あさり、いわし、レバー

【葉酸】
パン酵母、のり、レバー、緑茶、青汁、わかめ

【ビオチン】
パン酵母、マイタケ、レバー、ピーナッツ、コーヒー

 

最後に

お金を払って

流行のダイエットトレーニングを始める、
遺伝検査で自分の体質を知っても

ビタミンB群が不足した状態では、

カロリー消費をきちんと行うことが出来ません。

きちんとビタミンB群を摂取して、
はじめて、ダイエットを始める意味があります。

頑張って行きましょう!

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

-ダイエット, トレーニング, 健康法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ナッツダイエットおすすめ効果!やり方種類?成功注意は塩分⁉

一昔は、 ”油(脂)はダイエットの敵” でした。   今では、良質な油(脂)はダイエット、健康に良い!   という認識が広がりつついます。   そこで、注目を集めているの …

春野菜デトックス!薬膳ダイエット⁉種類!効果?フキノール酸!

冬に溜め込んだ脂肪…。   脂肪だけですか?   活動量落ちましたよね? 血液の循環の勢いはどうでしたか? 汗のかく量はどうでしたか? これらも落ちています!   という …

コーヒーダイエット結果健康に!飲みすぎ悪い影響⁉飲み方バター

コチラのダイエット系記事で度々登場した カフェインやコーヒーのダイエット効果 健康にも良い影響もあるようです。 しかし、 皆さんご存知の通り覚醒作用があるので、 就寝の6時間前には飲まないようにw そ …

添加物フリーダイエット!人工甘味料依存で危険⁉グルタミン?

食品添加物 なんとなく危ない気はするんですけど 良く分からないという人は多いと思います。   食品製造の際に添加する物質 用途は、製造用剤、風味や外観用、保存用、栄養強化など   …

ダイエット肌荒れ乾燥ニキビ原因食べ物⁉お茶サプリで改善⁉No.2

前回の内容は、 誤ったダイエット法を行う事で 肌荒れの原因になる。   カロリー過多になるのは、 質の悪い、 炭水化物と脂質を摂る事が原因になると   お伝えしました。 では続きを …